ロゴ

日本仲人協会 TOP副業を成功に導く!副業を始める人のための副業ノウハウ会社員副業の収入はいくらでも住民税はかかる?住民税についての正しい知識

副業の収入はいくらでも住民税はかかる?住民税についての正しい知識

アフィリエイトやクラウドソーシングなど、在宅で誰でもすぐに始められる副業が普及し、副業始める会社員が増えています。 

副業の収入が増えてくると、確定申告をする必要が出てきたり、住民税の申告が必要になったりと、税金に関して自分で対応しなければならないことも増えてきます。 

特に、住民税に関しては分かりづらく、間違った情報を覚えてしまっている人も多いです。また、会社に隠して副業をしている場合は住民税が原因で会社に副業がばれてしまうこともあります。

ここでは、会社員が副業で収入を得ている場合に知っておきたい、住民税に関する情報をお伝えします。

副業の収入はいくらでも住民税はかかる?住民税についての正しい知識

副業の収入が20万円以下とそれ以上で何が変わるか?

副業の収入が20万円以下とそれ以上で何が変わるか?

まず、よく勘違いされているのが「副業の収入が20万円以下でも住民税に関する申告は不要」ということですが、これは間違いです。所得税は副業の収入が20万円以下なら課税対象とならず、確定申告は不要となりますが、住民税はそうではありません。 

住民税の場合は副業の収入が20万円以下でも支払う必要があり、市区町村の役所に申告します。確定申告をする場合は税務署から役所に住民税の額を連絡してもらえるので、申告しなくても、会社員の給料から副業分の住民税も天引きされます。

副業で収入がある場合はいくらであっても、その分の住民税を支払う必要がありますので、役所への申告を忘れないようにしてください。 

副業の収入で住民税がアップすると会社にばれる?

副業の収入で住民税がアップすると会社にばれる?

このように、副業の収入が20万円以下であってもその分の住民税は支払う必要がありますが、その場合は会社側にも住民税が増えたことが伝わります。

先程も少しお伝えしましたが、副業で収入がある場合、その分の住民税を役所に申告します。会社員の場合、住民税は給料から天引きされており、副業分の住民税が増えると役所から会社に連絡があります。 

そのため、会社が副業禁止で、隠れて副業をしている場合は、住民税が増えたことにより会社に副業がばれることになります。副業禁止の場合は会社とのトラブルを避けるためにも副業をしないことをおすすめします。

会社が副業禁止かどうかを確認せずに副業をしている人は、まず就業規則を確認するようにしましょう。

*就業規則についての関連記事はこちら

副業解禁の流れが来ている今、会社の就業規則の副業禁止は有効? 

また、会社に副業がばれる理由は住民税だけではありません。副業が会社にばれる他の理由については、下記の記事をチェックしてください。

会社員の副業がバレる3つの理由。あなたの会社は副業禁止?副業OK 

副業の住民税を会社からの天引きではなく自分で納付する方法もある

副業の住民税を会社からの天引きではなく自分で納付する方法もある

副業が会社で禁止されていても、経済的な理由からやむを得ず副業をしている方もいるかと思います。住民税は給料から天引きされるため、副業が会社にばれる要因となりますが、実は、住民税を給料から天引きせずに分けて払う方法があります。

会社の給料から天引きする方法は特別徴収ですが、それとは別に自分で納付する普通徴収という方法があります。普通徴収なら、確定した副業分の住民税を会社ではなく自分宛に連絡してもらえるため、住民税が増えていることを会社に知られることはありません。

では、特別徴収から普通徴収への切替はどのようにすればよいのでしょうか?普通徴収にするためには、確定申告をする必要があります。確定申告書の住民税の徴収方法の選択の箇所に、「給与から差引き」と「自分で納付」の項目がありますので、「自分で納付」の方に○を付けると、普通徴収への切替ができます。

ただし、市区町村によっては特別な理由がない限り会社員の普通徴収は認められない場合がありますので、確認が必要です。

また、副業がアルバイトの場合は、収入が雑所得ではなく給与所得となり、複数の雇用先からの給与所得がある場合は、市区町村がすべての収入を合算した住民税の金額を本業の会社に連絡することがありますので、その場合も注意が必要です。

まとめ

以上、副業の収入にかかる住民税について、基本的な知識や、会社にばれる理由などについて説明しました。副業で収入を得ている人は、金額にかかわらず住民税を支払う必要がありますので、忘れずに申告するようにしましょう。

また、収入が20万円より多い場合は、確定申告が必要となります。収入が20万円を超える場合は忘れずに確定申告をするようにしましょう。

このサイトでは、副業に関するお役立ち情報や、おすすめの副業情報を多数ご紹介しています。現在副業をしている人も、副業を探している人も、ぜひ他の記事もチェックしてみてください。

副業・開業に最適なマリッジアドバイザーは、
最短2週間で活動できます!