ロゴ

日本仲人協会 TOP副業に最適な仲人士ビジネス 成功の秘訣副業で成功するヒントが満載!婚活業界の将来性

副業で成功するヒントが満載!婚活業界の将来性

副業として仲人ビジネスを成功させるためのノウハウをお伝えする前に、まずは仲人とはどのような仕事なのかということや、仲人ビジネスの歴史と将来性について理解しておいていただく必要があります。

仲人とはどういう仕事なのか、仲人ビジネスはどのように発展してきて、今後どのような市場になっていくのかを知ることで、仲人ビジネスの副業を成功に導くためのヒントが得られることでしょう。

▼動画でご覧いただきたい方はこちら

仲人士のお仕事と歴史

仲人士とは、結婚に向けて出会いの場を作る人のことです。結婚相談所などの婚活ビジネスがない時代には、町のお世話好きな主婦のおばさんがその役割を担っていました。

今もそのようなおばさんがいないではないですが、親子関係の変化や結婚観の多様化により、顔の広いおばさん1人のネットワークでは対応できないようになってきているのです。

昔は3~4回もお見合いをすれば結婚が決まっていました。結婚相手は親が決めるような風潮もありましたので、親がこの人にしなさいと言えばすぐにまとまっていたものです。

それが今は、女性の社会進出や経済成長の停滞などさまざまな要因で結婚希望者の結婚率が低くなってきているのです。

仲人ビジネスのこれから

昔は、女性は結婚して家を守るものと言われ、学歴や社会進出は必要ないとされていました。それに加えて、経済成長の真っただ中で今よりも全体的に男性の経済力があり、ほとんどの男性が女性よりも高い年収を得ている時代でした。そのため、女性が男性に求める条件(年収や職業)もそれほど厳しいものではないし、たいていの男性が女性よりも経済力があったので、すんなりと結婚が決まったのです。

今は女性が男性と同等に稼げる時代になったことで、男性に求める条件が、「年収いくら以上」、「大手企業の正社員が良い」など厳しくなり、最初の条件でふるい落とされるようになってしまいました。

また、晩婚化していく中で女性が結婚を意識する年齢が高くなってきたことも影響しています。女性が本格的に婚活を始める年齢が29、30と遅くなっている傾向にありますが、男性は本能的に20代前半の若い女性を好む傾向にあります。その結果、若い女性に男性が集中して、20代後半~30代、40代の女性が余ってしまうという悪循環に陥っているのです。

さらに、昔は男性より年収の高い女性は結婚できないとまで言われていたものが、今は逆で男性も女性に正社員で働いているということや、年収が高いことを求めるようになっているのです。

この結果、お見合いによる結婚も数回で決まるものではなくなり、なかには100回以上のお見合いの末、運命の人を探し当てたという〝強者〟もいます。そうなると、昔の町の仲人おばさんの人脈では追いつきません。いくら顔が広いといっても、せいぜい30人や50人といった個人の交際範囲では、条件に適う方を紹介することは難しくなってきているのです。

そういうことから、時代が変わるにつれ、お世話好きなおばさんの孤軍奮闘に頼るのでなく、仲人同士が情報を持ち寄って交換する場所が必要になってきました。日本仲人協会(以下、仲人協会)はまさにそんな情報交換の場。加盟する仲人が、自分の預かっている結婚希望者を会員として協会に登録して、みんなでお見合いの組み合わせをしましょうということなのです。

いま、仲人協会に結婚を希望する会員は、男女合わせて1万人弱、一方、加盟する仲人は2,200人。それぐらいの人たちが集まって初めて、希望条件に合う相手とのお見合いが組めます。ご近所のひとり、ふたりでやっている時代はもう終わりました。これからのお見合いは、ITも活用したますますスケールの大きなものになるはずです。

さらに、今は中高年やシニア層の婚活も需要が高まっています。以前より離婚のハードルが下がり、2度目、3度目の結婚を希望する人が増えているのです。「シニア婚活」などといった、シニア同士の婚活サービスやイベントも流行しつつあります。これを見ると、婚活市場は昔よりも今の方が拡大しているのではないでしょうか。

このように業界の動向を見ても、仲人ビジネスは副業として成功しやすいと言えます。

結婚願望は変わらない

女性の社会進出が進んだことにより、結婚したくない、結婚しなくてもいいという女性が増えてきたという話題が上がることがあります。また、男性側も、経済的な負担を考えると結婚には消極的だという人が増えているというお話も聞きます。

しかし、女性向けの匿名掲示板では、婚活・結婚関連のトピックが人気を集めていることからも、女性の結婚願望は昔とそれほど変わっていないことが分かります。むしろ、昔のように適齢期になると周りのサポートで結婚できていたのが、今はそうではなくなり、多くの方が婚活アプリや結婚相談所などの外部のサービスに頼らざるを得ない状況になっているのです。

また、男性が結婚に消極的になっているという件についても、こういう話をよく耳にします。付き合っている彼氏が、結婚願望がなさそうなので別れたら、すぐに別の若い女の子と付き合ってスピード結婚した。逆に、結婚願望はないと言われて付き合っていたけど、付き合って数日で結婚したいと言われた。など、男性の結婚願望がなくなっていると言われていますが、そういうわけでもなく、男性も良い人がいれば結婚したいのです。

実際にデータを見てみても、結婚に対する意識調査では、行政のとったアンケート、民間のアンケート、どのデータでも「いますぐ結婚したい」「いずれは結婚したい」と、結婚願望を持っている人は90%以上います(国立社会保障・人口問題研究所)。「一生結婚したくない」という人は、わずか約5%。良い相手さえいれば、結婚する条件は整っている方が圧倒的に多いのです。

このように、結婚願望は昔とそれほど変わらないのですが、結婚観の多様化により男性と女性の希望がうまくかみ合わずに結婚率が下がっているという、婚活サービスのユーザーにとっては厳しい現状があるのです。

そんな状況の中、一人一人としっかり向き合って希望を吸い上げ、理想のお相手を探してきてくれる仲人士は切望されていると言っても過言ではありません。


現在、日本には、25歳から44歳までの独身男女が1,800万人いると言われています。その中で「結婚相談をしたい」「入会したい」「興味がある」というひとが、半分の900万人。では実際に、結婚情報サービスを利用したことがある人となると、一気に280万人に減ってしまいます。

一方、現在すでに利用している人は60万人といわれています。その中で結婚相談所を利用しているのは、まだ3%弱という現状があります。

巷にあふれている結婚相談所は、入会金や月会費が高額で、お見合いをするのにもお金を取るというところがほとんどです。その上会員の結婚率も数%となると、結婚相談所の利用者が少ないのも納得です。

そういうことからも、料金体系が良心的で、しっかりサポートしてもらえる仲人士や結婚相談所のサービスがいま求められているのです。入会時に多額なお金を取るシステムでは、気軽にサービスを利用することができません。日本仲人協会のように、入会費も月会費も低額で、お見合いにも料金がかからない良心的なサービスが、副業としての仲人ビジネス成功のポイントになるのです。

副業で高い成功者を続出している仲人士の副業のススメ

副業で成功できない理由は様々だと思います。
そもそもの副業のシステムに原因があったり、サポートがなく一人で頑張らないと行けなかったり、仕事内容自体が難しかったりと要因は様々でしょう。
色々な副業を試してきて成功できなかった方が、何故仲人士の副業では成功できるのか?それには5つの理由があります。

1:副業を始める初期費用がほとんどかからないからリスクなく副業から開始して独立開業も出来る。
2:結婚希望者10,000人以上の会員さんの中から条件に合う人を紹介できるので、仕事自体の難易度が高くない
3:短時間の仕事でも大きな収入を得る事ができるようになるので副業での大きな収入アップが出来る。
4:自宅での在宅業務が出来るので、忙しい方や主婦の方でも空いた時間に取り組める
5:仲人協会のサポートが充実しているので、しっかり稼げるようになる方法を学んで行く事ができる

人に幸せを運ぶ仕事で、自らの収入アップを現実のものとする仲人士の副業でまずは収入アップをしてみてはいかがでしょうか?副業から始めて、独立開業して大きな成功をおさめている人も多数います。
副業での成功者、副業から本業に転換して、正社員時代の何倍もの収入を稼いでいる方達をご紹介していますので是非ご参考にしてください。結婚後主婦の方も副業から始めて成功している方多数いらっしゃいます。

最短2週間で、
マリッジアドバイザーとして活動できます!