ロゴ

日本仲人協会 TOP副業を成功に導く!副業を始める人のための副業ノウハウ主婦副業で月3万円以上収入がある専業主婦は確定申告が必要?

副業で月3万円以上収入がある専業主婦は確定申告が必要?

メルカリなどのアプリの流行で、主婦の間で副業がブームとなっています。月23万円などお小遣い稼ぎに副業をしている主婦の方が多いようです。 

収入が少しずつ増えてくると、気になるのが税金や確定申告のことです。主婦の副業の場合、いくらくらいから確定申告が必要になるのでしょうか。パートなどをしていない専業主婦の場合、月34万円が確定申告をしなければいけないかどうかのラインです。

専業主婦で副業をやっていて、月の収入が3万円を超えている人は確定申告・納税の必要がある場合がありますので、ぜひこの記事をチェックしてください。

ここでは、専業主婦の場合、いくらから確定申告が必要になるのか、所得税の金額はいくらくらいなのかなど、副業をしている専業主婦の方が知りたい確定申告・納税の情報をまとめました。あなたの確定申告についての疑問が解決できれば幸いです。

専業主婦の副業で確定申告・納税が必要な場合

専業主婦が副業で収入を得ている場合、いくらから税金がかかり、確定申告が必要になるのでしょうか。専業主婦でパートなどもしておらず、収入が副業のみの場合は年間38万円を超えると課税の対象となります。

この38万円は、所得控除の中の“基礎控除”と呼ばれるもので、「すべての納税者が無条件に差し引ける所得控除」とされ、職業にかかわらずすべての国民が38万円までは所得から控除されます。つまり、年間38万円までの収入には所得税がかからないため、確定申告の必要はありません。

 「副業は20万円以上の収入があれば課税対象となる」という記載を見かけることがあると思いますが、これはサラリーマンやパート主婦など会社から給与を受け取っている人の場合です。専業主婦の副業の場合は38万円までは控除されますので安心してください。

専業主婦の副業は雑所得か事業所得か

ネットで所得税について調べたことがある方は目にしたことがあるかもしれませんが、収入が雑所得に当てはまるのか事業所得に当てはまるのかという問題です。

事業所得と雑所得の違いは色々ありますが、一番は“青色申告特別控除”が受けられるということです。青色申告特別控除とは、事業所得がある人が青色申告で確定申告をしたときに受けられる控除で、65万円までが所得から控除されます。

雑所得の場合は基礎控除(38万円)のみとなり、収入が38万円を超える場合は事業所得として計上するほうがお得になります。

では、どのような場合に事業所得として計上できるのでしょうか。副業の所得を事業所得として計上するためには、「一定規模の収入が継続して得られること」が基準となるようです。また、「相当の労力を要する」、「人や設備を投入している」、「職業として認知されている」、「生活の糧となっている」などの条件も加味されて判断されます。

こういった面からみると、主婦の副業はある程度の収入がない限り事業所得として計上するのは難しいと言えます。

年収が38万円を超えた場合の所得税の金額は?

では、主婦の副業の年収が38万円を超えるとどうなるのでしょうか? 

まずは所得税の税率を確認してみましょう。

課税される所得金額

税率

控除額

195万円以下

5%

0円

195万円を超え 330万円以下

10%

97,500円

330万円を超え 695万円以下

20%

427,500円

695万円を超え 900万円以下

23%

636,000円

900万円を超え 1,800万円以下

33%

1,536,000円

1,800万円を超え4,000万円以下

40%

2,796,000円

4,000万円超

45%

4,796,000円

 

おそらくこの記事を読んでいる方はほとんどの場合195万円以下に当てはまると思います。例えば副業の収入が1年間(1月~12月)で50万円だった場合、所得税は50万円×5%25,000円となります。

上の表の通り、収入が上がれば上がるほど税率も高くなっていきますので、副業で収入が増えた場合は注意が必要です。

確定申告・納税をしなかった場合どうなるか?

「少しだったら大丈夫でしょ」と思う方もいるかもしれませんが、少しの収入でも確定申告は必要です。2016年より施行されたマイナンバー制度により、国が国民の所得の状況を把握しやすくなったと言われています。

もし必要な額の納税をしていないことが発覚した場合、申告漏れとして追徴課税が課せられます。税率は状況によって異なりますが、故意に所得を隠したと判断された場合は最大40%の課税になることもあります。

また、中には自分の所得を把握しておらず、気づかないうちに申告漏れになってしまった。という場合もありますので、ご自身の収入額はしっかり把握しておくようにしましょう。

確定申告はどうやってするの?

では、確定申告はどのような手順で行えばよいのでしょうか?なんとなく難しそうと思っている方もいるかと思いますが、それほど難しくはありません。確定申告では毎年1月~12月までの所得と所得税を翌年の216日~315日までの間で申告し、納税します。具体的な流れは下記の通りです。

1.申告書を入手する

まずは確定申告に必要な申告書を入手しましょう。税務署に行けばすぐにもらうことができますが、郵送や国税庁WEBサイトからのダウンロードも可能です。申告書には申告書Aと申告書Bがありますが、主婦の月34万円の副業の場合は基本的に申告書Aで申告します。

2.申告書を記入する

入手した申告書に必要情報を記入します。申告書の書き方は国税庁のホームページに詳しい説明や記載例がありますので、そちらを確認すると確実です。

また、ホームページを確認してもわからない場合は、申告の期間中に税務署に行けば書き方を教えてもらえます。

国税庁/確定申告に関する手引き等

3.申告書を提出する

郵送または税務署の窓口に直接持っていきます。 

4.納税する

申告書を提出した後は、確定した金額の税金を納付します。税務署で納付書をもらい、必要事項を記入して、納税窓口で税金を支払います。

※なお、今はインターネットで申告書を提出したり、納税を口座振替で行ったりする便利な方法もありますので、面倒な方は税務署に問い合わせてみてください。

また、13の流れは税務署に行って「確定申告をしたいです」と言えば、税務署の担当者の方に教えてもらいながら一度に行うことができるようです。やり方がよくわからないという方はとりあえず税務署に行ってみることをおすすめします。

まとめ

以上、副業で稼ぐ専業主婦が知りたい確定申告のことについてまとめました。副業で毎月3万円以上収入がある方は、年間でいくら稼いでいるかを確認し、38万円を超えている場合は必ず確定申告を行いましょう。

また、このサイトでは専業主婦におすすめの副業を紹介しています。副業でもっと収入を増やしたい。空いた時間で効率的に稼ぎたいという方は下記の記事をチェックしてみてください。

ライフスタイルに合わせて副業で稼ぐ!月1万の場合

ライフスタイルに合わせて副業で稼ぐ!月2万の場合

ライフスタイルに合わせて副業で稼ぐ!月3万の場合

関連記事

副業・開業に最適なマリッジアドバイザーは、
最短2週間で活動できます!