ロゴ

日本仲人協会 TOP副業を成功に導く!副業・Wワークを始める人のためのノウハウ女性副業で新しい働き方を実現できる女性とは?

副業で新しい働き方を実現できる女性とは?

テレワークが普及し通勤時間や都心の高い家賃を無駄と考える女性や、今まで順調にいっていたのに、コロナ禍で先行きに不安を感じている女性が以前よりも増えていることもあり、副業、パラレルワーク、ダブルワークが注目を集めています。

今や副業は収入を増やすだけの手段ではなくなりました。自分らしさ、やりがい、新しい働き方も実現できるようになったのです。

副業,女性,働き方

働く女性の給与実態

国税庁の民間給与実態統計調査によると、令和元年における男性の平均給与540万円に対して女性は296万円に過ぎません。また、男性は年齢とともに給与が上昇していきますが、女性は年齢による差はほとんどありません。

このデータによると、本業を続けていったとしても、転職したとしても大幅に給与が上がるとは考えられず、男女雇用機会均等法があるとはいえ、ジェンダー不平等が日本にまだあると言わざるを得ません。

本業で稼げるお金は既に上限に達していると考えれば、副業やパラレルワーク、ダブルワークで収入を増やしていかないと将来が不安だと考える女性が多いのもうなずけます。

副業のメリット

副業のメリット

副業やパラレルワーク、ダブルワークのメリットは、収入を得られる他にも様々なメリットがあります。代表的なメリットについて、みていきましょう。

ライフイベントによる変化を考えても副業はするべき

社会に出た女性は、結婚、出産、育児などのライフイベントで、好きだった仕事を辞める、パートナーが住む場所に引っ越すなど、男性に比べ大きな変化を受け入れないといけないことがあります。

もし本業だけなら、同時にキャリアも途切れてしまい安心して収入を得続けていくことが困難になります。副業としてキャリアを積んでおけば、復帰するハードルが低くなり、将来への不安がひとつ減ることは間違いありません。

多様化した社会に対応できる力を得られる

新型コロナウイルスにより、ほぼすべての企業が新しい様式に対応しなければならなくなったように、何か大きな変化があったとき対応できる力が今後も必要になることは間違いありません。

副業をすることで、本業だけでは得られない対応力や税金の知識などが養われ、本業にも活用することができます。

自分らしさを出せる

自分の好きなことで自分らしさを出せるのもパラレルワークの魅力です。

自分らしさを出すことで、本業・副業ともにやりがいを感じられるメリットもある一石二鳥。稼げることまで入れると、メリットは山盛りです。

といっても、安易に副業に手を出してしまうと失敗してしまったり、アルバイト・パートをたくさん入れて疲弊してしまったりと、デメリットがあります。ひとつずつチェックして、自分らしいやりがいのある仕事を見つけましょう。

まずは現状の働き方をチェック

まず、現状を確認してみましょう。ポイントは、アフターコロナです。

「リモートワークや在宅ワークが多くなっていて、コロナ禍が終わってからも変化しなさそう」

「コロナ禍が終わったら、前と同じ形になりそう」

「コロナ禍だからといって本業に変化はない」

コロナ禍の今だから、コロナ禍が終わってからどうなるか、考えておくと、後々の対応が楽になります。

次に副業やダブルワーク、パラレルワークに費やせる時間があるか、確認してみましょう。

「平日はまったく時間がとれない。週末だけならできるかも」

「平日の夜、1時間だけだったら何とか時間を確保できそう」

後程ご説明しますが、アルバイト・パートでは無理ですが1週間に2時間確保できれば副業で稼ぐことができます。

どう考えても、時間がとれなそう・・・

時間がない、時間がとれなそうと思っていても、無駄な時間を削ることで1週間に2時間程度確保できることがあります。

また、家事や育児に追われ副業などで収入アップをしたいけども時間的に無理なら、何とか時間を見つけて、時間的余裕を得られるように転職するか、誰かにサポートを頼むようにしましょう。仕事で忙しく倒れてしまったら元も子もありません。

新しい働き方ができないことも

本業で副業が容認されているか、確認するようにしましょう。

本業で副業が禁止されているケースもまだまだ多いのが実態です。少し古いデータですが民間の調査会社が2018年に副業を容認しているかどうか企業を調査したところ、50%の企業が副業禁止という結果でした。また、副業を容認している企業の35%が条件付き容認でしたので、簡単に副業ができる環境とは、まだいえないようです。

しかし2018年に厚生労働省が「就業規則のモデル」を改訂したこともあり、徐々に副業容認が広がってきていますから、本業で禁止されているから諦めるのではなく、何か出来ることがないか探してみてはいかがでしょうか。

また、結婚や出産などのライフイベントやパートナーの転勤で転職しなければならないのなら、副業OKの企業を選ぶのもひとつの方法です。

パラレルワークにチャレンジ

パラレルワーク

週2時間からできるパラレルワークは、在宅ワーク・オンラインが基本です。在宅ワーク・オンラインであれば、通勤時間を無駄にすることがありませんから、副業は在宅ワーク・オンラインがおすすめです。

在宅ワーク・オンラインで週2時間からできるパラレルワークには、下記のものがあります。

仲人士・マリッジアドバイザーとして稼ぐ

男女の出会いが少なくなった現在、結婚相談所の需要が高まりつつあります。

仲人士・マリッジアドバイザーとして男女の婚活をサポートし、幸せにしてあげるやりがいのあるお仕事です。

お世話をするのが好き、人と話すのが好きならおすすめです。

アフェリエイト(広告収入)で稼ぐ

ブログやYouTubeに商品の紹介を掲載し稼ぐ方法です。

映像関係のお仕事をされている方や広告代理店にお勤めの方におすすめといえます。

スキルが必要になるため、経験がないと稼ぐのが難しいです。

せどり(転売)で稼ぐ

簡単にいえば、個人商店をネット上につくり、商品の仕入れ販売をするのがせどり(転売)ビジネスです。

個人商店といっても、Amazonやメルカリ、Yahooなどを使うので、商品を仕入れることができたら、簡単に開業できます。

まずは、自分の好きな品物や趣味で使う部品など、知識のあるものから販売していくのが良いでしょう。

ただし、仲人士やアフェリエイトと異なり、仕入れた商品が売れないリスク、激しい競争が存在するのと、ある程度の初期投資が必要になるのがデメリットです。

どれが一番早く安定して稼げる働き方なの?

上記3つの中で、最も短期間で安定した収入を得られ、初期投資も低額なのは、仲人士・マリッジアドバイザーです。

実際の働き方を下記にまとめてありますので、ぜひ確認してみてください。

ライフスタイルに合わせて稼げる仲人士の働き方・稼ぎ方

無理なく稼げる理想的な働き方が実現できることが、おわかりいただけると思います。

副業・パラレルワーク・ダブルワークにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

副業を成功に導く!副業を始める人のための副業ノウハウTOP

日本仲人協会スタッフ

日本仲人協会スタッフです。副業に関するお役立ち情報やおすすめの副業ビジネス、副業の始め方などを発信していきます。

副業や兼業に最適なマリッジアドバイザーは、
最短2週間で活動できます!